転職すると給料もLv1に逆戻りの日本 意味不明〜

JUGEMテーマ:社会問題


同じ部署で働いている日本人女性が転職すことになり今週で退職予定だ。

 

次の会社も外資系の営業職らしい。

 

給料は今よりも800ドルほど上昇するから転職を決意したと。

 

その会社に面接しに行ったとき、当初提示されていた給料は今の仕事より300ドルいいだけだったそうだ。

 

で、採用通知を貰ったんだけど『給料がもっと欲しいから他の仕事探す』って人事の人に伝えた。そしたらその人事の人が『じゃあ800ドルの昇給でどう? 来ない?』と言って来たそうだ。

 

日本人枯らしたら信じられないような話だが、海外ではこれ普通にある。そして転職するなら給料が上がって当然なの。

 

だってその人人生経験積んで社会人経験も積んでるんだから、雇う側がそれを評価するのは当然。

 

今まで5千ドル貰ってるのに給料が初任給の2千ドルになるなんてこの国では考えられない。

 

前職が5,000ドルだったら、今回雇うとする側は5,500ドル提示しないと絶対に来てもらえない。

 

優秀な人材は絶対に確保できないのだ。

 

俺は日本にいたころ、30ぐらい給料をもらっていたが、あまりにも労働環境が過酷過ぎて5年で辞めた。

 

次の仕事は全く違う業種だったら給料が手取り15万になって見事ワープアに転落したw

 

ま、それが俺を海外脱出を決めた要因の1つになったんだが。

 

それまで人生経験を積んで成長しているのに、給料でその評価をできない日本の企業文化は人類の倫理に反するとさえ思っている。年齢が上がったら家族持っている人なんて今までと同じかそれ以上の給料が必要なのに何を考えているんだろうか。

 

勿論日本だって転職したら給料上がる人もいるだろうが、そんなもん少数の例外だろう。

 

何とかせなあかんでw

 

変わらんとジリ貧で滅びるよ〜

スポンサーサイト

コメント